<< 一ヶ月のうちで | main | ごぶさた! >>
何も無い恋
恋をしたのです。

私は 自分の役目を忘れて恋に苛まれているのです。

羽根はちぎれてゆきました。

それでも心だけが切なく求めるのです。



あなたを。



私があなたに恋をしても、あなたが私に恋をすることは無いのです。

あなたの指は、私を求めるように見せかけて

決して少しも求めることは無いのです。

私は愚かなのです。

あなたが思うままに、私は役目を忘れてしまうのです。

それが…あなたの役目なのです。

わかっています。

助けて欲しいなんて言いません。

離れて欲しいなんて言いません。

愛して欲しいなんて言いません。

私はあなたに、何も言いません。

それでも、私はあなたを拒むことなんてできないのです。



あなたに、恋をしているから。
| 創作覚書 | 23:41 | comments(0) |
コメント
コメントする