<< 太陽の男 | main | わかっちゃいるけど >>
たぶんくびれとかふくらみとかかかないと気がすまないんだとおもう
絵がかけないのが少しマシになってきたのでリハビリに…というより、以前のきつねバトンでデフォルメがぜんっぜんかけなくて凹んだので、ちょっと気分転換に。



そんでもこれが限界でした。
予定ではもっところころしてたはずなのに…(ギチギチギチ(歯軋り))
体がぜんぜんデフォルメできていないもの。頭大きくしたようにしかみえん。
で、タイトルの結論が出たという訳です。

キャラはプラチナ嬢。昔のより若干(ほんと若干)露出度があがりました。あとなんかマラボーのストールもってたけど、いらないかなあと思ってぬきました。あとベルトもちょっと減った。今思えばそうとうけしからん格好にみえる。この人の笑顔ってあんまり描いた覚えがないなあ。

あんまり出てこない子なのでデータ書き散らし。まとめたらキャラデータに移行。


名前:プラチナ・アクアヴィット(Platinum.Aquavitae)
性別:女
年齢:23歳
種族:エンジェリックウイング亜種(※1)
属性:音、気象−光(※2)  属性色:瑠璃紺
身長:170cm
体重:50kg
職業:吟遊詩人的な
※1…羽根は普通白い。黒いので亜種みたいな。
※2…音と気象は属性ではないので、たぶん色々複合した上での何かかと。まだ決まっていない。たぶん属性はあるけどニュートラルに色々つかえるから、気象的な使い方ができるんじゃないかなあ。あああアレ イメージはワンピのナミさんのクリマタクトみたいな。ちょっと違うけど。音は身体能力かな。

見た目正直恐い感じ。服装的にももんすごいし目つきもあんまりよくないし、無愛想。目は瑠璃紺、髪は赤に金メッシュ。地毛かどうかは未定。
中身はもんっすごいいい子。けっこうデリケートな人。警戒心がもんっすごい強くて、人に気を許さない。従妹をもんっすごい大切にしてる。

職業は吟遊詩人というか音楽家。従妹のディムと二人で旅してまわってます。ディムが歌い手、プラチナはシュリンクス吹き。めったに披露しないけど踊り手としてもかなりの腕前(もしかしたら扇情的なベリーダンス系だから披露しないとかかも。一人で旅してた時に踊ってたのかも酒場とかで未定だけど)。
セイルーンの警備隊オルフェさんとは、同種族で知り合い。ディムの病気を治すために奔走してるときにお世話になった感じ。
あとこの覚書での語りのほう。この覚書もディムとの会話。こんだけ喋るのはディムの前くらいかも。

ディムは、従妹というより本当に妹に近い。アレックスと同い年で15歳のときちょっと付き合ってた。年齢はそんときの年齢なので、ディム19歳ならプラチナ27歳か…そんくらいにディムがキーリスと出会ってお付き合いしそうな感じなので、お姉ちゃんも相手を作ったげたいところですがほんと誰かおらんかな…

直接のかかわりはないけど、今ストップしてるデュカ19歳事件にある意味関わっているのかもしれない。いや関わってはないか。亜種とか結構意味合い的には重要な気がする。いやそうでもないか。
もう少しかためたい所。

 
| 創作関連 | 00:16 | comments(0) |
コメント
コメントする