<< でっかい猫科の奴ら | main | めんどくせえー >>
以前から薄々感じていましたが
色塗りという作業が大の苦手だという事にはっきり気づきました。なんということだ。

頭の中でぼんやりと浮かんでいる色が何一つ表現できず、できあがって満足感がない、ということに加え
そもそも頭の中で「髪はこの色」「目はこの色」程度しか思い描けていないのです。特に最近。
そのせいで、ここ数年色塗り途中でほったらかしの絵ばかり増えていく。どうすればいいんだ。スランプとかそんなんじゃないんだ。もっと根本的な所から違う。数年越しだもの。


特にパソコンで塗る作業が本当に鬼門になってきました。もう全くどう塗ってあげればいいのかわからない。計算もできなければ、本能のまま塗りたくろうとしても5分たたんうちにどうすればいいのかわからなくなる。
困ったことに、全く楽しくない。その上、自分の絵に対して魅力を感じない。またこれがカケラも感じないので困る。もっとハッキリ言ってしまえば、色塗りに関しては大嫌いだと言ってもいい。忙しいとかそんなんもあったけど、ここ数年の更新が念に5回程度しかないのはそのへんもあるんだろうなとおもう。だからってサイト消したい!なんてのも思わないんですが。自分のペースでいいんですものね。

でも、絵を描いていて楽しくないことなんて今までなかったので、多分(技術的なものはおいといて、精神的に)私という人間の能力がここまでなのかなあと最近思っている。楽しいからやってきたのであって、楽しくないならやる必要はないもんね。
アナログはまだ集中できて楽しいので、今はアナログを中心にしていく時期なんだろうなあと思う。頭の中にあるものに技術がおいついていませんが…というのはまあ、デジタルも一緒か。いやでもデジタルはデジタルというだけで、「もう塗るのめんどい」ってなるのでちょっと違うのだ。多分。アナログはそれでも手が進むもの。


そんなことを考えながら、リハビリ用に絵をかいていたのですが、やはり色塗りになったとたん全く何もできなくなりました。一週間(いや、2週間近いな。下でパンツパンツいうてる時に線画おわったもんな。)毎日、30分〜1時間は画面とにらめっこしているというのに、レイヤわけまでできたものの、そこから一色も塗れていないあたり、またこれも放置になるのかなあとうっすら考えています。レイヤわけは「作業」だもの。その先の自由時間が紡げない。かといってレイヤわけをしなくても何も進まない。びっくりするぐらい苦痛な作業になってしまった。あーあ。色は塗りたいし想像するだけなら楽しいのになあ。

そんなこんなでずっと続いているものが、死ぬまで続くような気がしている。どうすんべ。

 
| 雑多 | 01:29 | comments(0) |
コメント
コメントする