<< いつきさんがマジ天使 | main | ふたり 一 >>
かこうとおもってたことを
相方がかいてくれてたので、そんならということで絵をかいていた。
ぜんっぜんかけんかったときよりはましんなった気がします。



メランコリックもぴったりなんですが、



これはなんていうかそのまんますぎてびっくりした。
これはアレンジ版ですが、アレンジ版のが好みなのとあっていたのでということで。

 
 
相方のほうで広がっているパラレルのひとつの学園物デュカ 制服は検索して好みのをきせたがまあそれはいいとして。
うちで創作パラレルがひろがらないのは、基本的に人間関係と本質が変わらないからだなあとおもいます。
何か考えてみるとする。
でもどうやっても、ヒゲ女王とデュカは上下関係にないと違和感があるし、ヒゲはなんか立ち位置が上のほうだし、どう頑張っても帽子屋さんが好きだし、デュカとアナマリアさんとかだとまあまだかわってくるけど、それでも大本の創作で知らない人とはやっぱり誰もつながってこないし、ミデリオンミリルは常につるんどるし、ミデと雪衣さんはつるんでるし、トラ助はニナさんにどやされとるし、トラ助は変態だしウザいし そういやどうでもいいけど携帯のアドレスがトラ助っぽくなったりしてうぜえええええええまあそれはいいや なんかとにかく、本質がかわらないもんだからどうパラレろうとしてもいつものと変わりない、ただ舞台がかわっただけで、そんなら本編つめればよくね?ってなる。
その点、変幻自在な相方パラレルはほんまにすごいと思う。
まあでも私は変わらないからこのままでいいんだ、とおもいつつパラレルは完全に相方まかせで私は楽しむ側に徹しております。
んで、学園パラレルの話ですが、楽しむとはいえ、相方とキャラを共有しているので、先っちょだけ参加しているような状態。さて、デュカとアレッ君はまったくドキドキする所がないんですが、でもそれは私の中ではどうしても想像がつかず、というのは別にアレッ君は違和感ないんやけど、デュカにもんのすごい違和感が出てくるわけでして。んでそれはなんでかというと、本編のデュカはアレッ君に片思いをしつづけており、アレッ君が好きであるというのがデュカなので(もちろんそれだけではありませんが)、アレッ君をなんとも思わないデュカはデュカじゃない訳だ。(ただしこれはあくまでも自分が創作しようとするときの違和感)
だからデュカはどのパラレルで考えてもアレッ君を好きにならないというのはありえないし、他の人とくっつくというのも想像がつかない。でも一生一人を貫くほどなのだろうかこの話では、となってきて、なんかごにょごにょあって、最終的にトラデュカというカップルができている。でもこれも、トラ助以外に候補がいるかといえば、いなくはないけどありえないのだ。ひらたくいえばあぶれた者同士だから。いやでももちろん、この二人はだいぶお幸せになるんだろうけどっていうてて寒気がしてる横でトラ助がデレデレしててキモス
…さて そんなでも、やっぱりデュカは初恋としてアレッ君に恋心を抱くのは確実なので、失恋する訳です多分想いをつたえることなく。学園パラレルでは。本編ではごにょごにょ。

とかそんなんを色々考えてできたのが上の絵ですっていう 説明長ッ

ちょっとぐらいの勇気をだせなかった学園パラレルデュカ
その一歩をふみだそうとする本編デュカ


でもこの絵で一番重要なのは学園デュカ(葵さん)の耳を、人間の耳にせず羽耳にしてしまったところです。

 
| 創作関連 | 03:00 | comments(0) |
コメント
コメントする