薄氷のフォスフォラス 三
今日は、仕事が少し早く終わった。

「あとは明日にして大丈夫ね。今日はスクールの日ではないでしょう?早めにお帰りなさいな。たまにはゆっくりと休むことが大事だわ。」

そう言ってくれたのは、神官になってからずっとお世話になっている、アナマリアさんだった。ここ二週間ほど、大きなバザーの準備に、スクールの試験もあって、ゆっくりできることが少なかった。それを知っているアナマリアさんは、私に気をつかってくださったのだろう。
ノイズ殿下は夕方からお客様との会食だから、今日は約束していない。時計を見れば、15時半。ここのところ外食が多かったから、今日はシチューでも作って老師とゆっくりいただこうかしら……そう考えて、マーケットで野菜と肉を買って帰ってきた。
 
続きを読む >>
| 創作覚書 | 20:45 | comments(0) |
薄氷のフォスフォラス 二
(私にできることは、何だろう。)

ホットミルクの入ったカップを手に、デュカは窓から星空を見上げ、考え込んでいた。
 
続きを読む >>
| 創作覚書 | 18:31 | comments(0) |
薄氷のフォスフォラス 一
ぴいちく、ぴいちく。かわいらしいさえずりで、部屋の主・デュカはゆるゆると瞼を開けた。
ベッド横の開けっ放していた出窓に、3羽の小鳥がとまっている。

「おはようございます。いつも早いですわね……。」

目をこすりながら、デュカは大きなベッドを降りた。
キャビネットの上の小さな紙袋を開け、隣に置いていた小皿に中身を移す。さらさらと流れるパンくずがすべて入ったのを確認して、こぼさないようベッドに戻り、それを出窓に置いてやった。

(今日は休日、スクールはおやすみ……)

パンくずをつつく小鳥たちを見ながら、今日はどうしようかしらとぼんやり考えているところに、ドアがノックされる音が響いた。
 
続きを読む >>
| 創作覚書 | 16:15 | comments(0) |
給湯器は
なんと日曜にようやく治りました。火曜に壊れて日曜。しかも修理会社の手違いでめちゃくちゃ振り回された。なのに大した謝罪なし。二度と正●屋は使いません。折り返し電話もかけられない会社です。私が催促してようやくだし、折り返しの伝言もできないし、名乗りもせん。状況説明を何故私が3回もせなならんのか。●直屋使わんほうがいいぞ!

はい。

年内に8本ほどデュカ関連の覚書あぷる予定です。できっかな。
 
| 雑多 | 20:55 | comments(0) |
厄年あと1ヶ月あるっていう
1ヶ月。とおもってたけどあと20日くらい。
今日は給湯器が壊れてお湯がでなくなりました。15時くらいに連絡したのだけれど、折り返しの連絡がなく、6時間後電話したら「今日はもう行けないので明日までには連絡します…」

この寒いのにお湯が出ん

今日がむりなら仕方ないんだし、それならそうと連絡くれよ!連絡ないとなんもできんよ!

シャワーも当然だめなんで、イッヌ(旦那さん)と近所の銭湯にくり出しました。
朝シャワーなんでいつも湯船につからないんですけど、夜銭湯だからのんびりつかりました。あのね、当たり前なんですけどとっても暖まりました。帰り道も寒くないぞ!
おうちでも休前日はつかりましょうかね。
お湯が出んのは困るけど、良い機会だったのかもしれません。

明日には給湯器がなおりますように…
 
| 雑多 | 01:57 | comments(0) |
<< | 2/58PAGES | >>